1. TOP
  2. ヤフショ基礎
  3. 【5分ヤフショ講座】今、Yahooショッピングを始める理由

【5分ヤフショ講座】今、Yahooショッピングを始める理由

ヤフショ基礎
この記事は約 5 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

オリジナル商品(OEM)販売促進コンサルタントの石山です。

この記事では、Yahooショッピングで出品した方が良い理由と出品した方が良いタイミングをお伝えして行きます。

ちなみに、OBCではこっそりYahoo!コースも開講しており、下記のような実績が出ています。この講師はAmazonの売上よりも、Yahoo!の売上の方が大きくなっています。

 

上記のように、

初月売上・・・・・月商45万円
2ヶ月目売上・・月商300万円
3ヶ月目売上・・月商550万円
6ヶ月目売上・・月商755万円

と推移し、一度300万円まで売り上げを落として、現在はV時回復をする事ができております。

つまりこの半年間でYahoo!の酸いも甘いも知る事ができました。

もし、あなたが自社でオリジナル商品を作ろうと考えているけど、Amazon、Yahoo!、楽天、ネットショップ販路を攻略しても、なかなか結果が出てないなら、これからのYahoo!ショッピング講座が役立つと思いますので、ぜひ読んでもらえればと思います。

集中的かつ効率的に全体像を学ぶ方は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓

 

OEM商品販売を志すならYahoo!ショッピングで販売する理由

理由①Amazon余剰在庫をYahooで捌けば、在庫回転が高まる

「FBA 在庫」の画像検索結果

「せっかく苦労してオリジナル商品を作った」 としても、在庫がなかなかさばけていない方もいるでしょう。

 

「在庫 悩み」の画像検索結果

仕入れても仕入れても、在庫がはけていかずに、 ストレージは溜まる一方。
結果的に、お金が残らない・・・。

私も、2年前までは、そんな悩みを持ってました。
そこでYahooショッピングという選択肢をおすすめします。


「Yahooとか別の販路をやるのも良いが、結局それを管理するためのコストもかかるんでしょ?」と思ってしまって、重い腰が動かない・・・。

そんな経験はないでしょうか??

でも、Yahooショッピングをあなたのビジネスに組み込めば、売上が今の1.5倍になりながらも、下記のようなデメリットをカバーする効果があります。


1、小さな労力と少ない資金で、自動化もしやすい

2、Amazonの倉庫を借りれば、必ずしも自分の倉庫を使う必要がない
3、Amazonが使えなくても、発送代行会社を使えば、Amazonをまだやっていない人でも取り組むことができる

という感じになります。

ですので、オリジナル商品ですでにAmazonでビジネスに取り組み始めた方は、こちらを使ってみてください。

理由②:Yahooショッピングは維持費用が劇的に安い

 

Yahooショッピングは、初期費用、月額費用、売上ロイヤリティ、メール配信料が『0円』です。

これ以上の理由はないですね。

さらにクレジットカード決済手数料やポイント付与などのインセンティブも、圧倒的に安いです。

オリジナル商品は開発までに期間が多少なりともかかるのと、仕入れをしっかり行いますので、数十万円〜数百万円までかかります

だからこそ、その他の経費を減らしたいですよね。

<参考>Amazon、楽天との価格比較

Amazonは、4980円〜でスタートできますが、

楽天は、一番低いプラン(がんばれ!プラン)でも、18万円を年間一括払いで取られるくらいの初期費用がかかります。ライトプランでも3ヶ月分を一括で12万円くらいかかります。

大手に出店するのって、大変です。。最初から取り組むには結構なコストがかかります。

まだ売れるかもテスト出来ていないのに、特に楽天で取り組むにはハードルが高いのではないでしょうかね・・。

%e7%a9%ba%e7%99%bd%ef%bc%91

理由③:検索エンジン直営だから集客力は高め

孫正義さんがYahoo!をアメリカから買収してくれたおかげで、日本向けにカスタマイズされた強力な検索エンジンが存在しています。

モールの出発が早かったAmazonや楽天には敵わないものの、Yahooショッピングもしっかり集客をしてくれます。

見逃せないのが、Googleショッピングとの連動です。

 

例えば、私が手帳型のスマホケースを販売している場合、Yahoo!の検索エンジンから「手帳型 スマホケース」と探すと、広告が必ず出て来て、迅速にお客様に探してもらえるようになっています。

この集客力のおかげで、国内3番手の市場(1876万人)があります。

ECサービスの重複利用率(スマホ)

また、それだけでなく「ECチャネル」の重複利用率で、AmazonとYahoo!の親和性が非常に高いことが伺い知れます。

理由③:顧客リストが取れるので関連商品の提案も独自で可能

Amazonや楽天では、自社商品を購入してくれたお客さんの住所と名前しか把握することができません。チラシなどを配れる余力がある企業ならそれだけでも成立するかもしれませんが、一般的には難しいです。

しかし、Yahoo!ショッピングでは、私たちセラーがお客様のメールアドレスを自由に獲得することが出来ます。

集中的に学ぶ方は、こちらもチェックしておいてください
↓ ↓ ↓ ↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Yahoo!ショッピング編)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Yahoo!ショッピング編)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

水野

水野

1987年生まれ。東京都出身。2児の父。
オリジナル商品販売促進コンサルタント。

カナダの大学を卒業し就職。
会社に入社して2年目の終わりぐらいに、かなり大きな仕事をまかされる。
その仕事を無事成功させたが、燃え尽き症候群になり、
毎日の危機感や刺激を求め独立を決意。

中国輸入商品をAmazonで販売するビジネスモデルで事業をスタートして
始めたその年に月収100万円を達成し、独立を決意。

しかし商品の種類の多さが故に日々の商品の受注管理に追われ、
また新商品毎週積み上げていかなきゃいけないという販売戦略だったため、
独立したにも関わらずお金や時間の自由になれていない事実に気付き、
草創期のOBCに加入し、 オリジナル商品の製作販売を開始。

その後はわずか一年でAmazonでの月商1,000万円を売り上げ、
今ではAmazonだけでなくYahoo!ショッピングでも独自のノウハウを構築して、
Amazon、Yahoo!両方のモールで常に月商8桁を売上げるセラーへと成長。

組織力も高めて、今では家族の時間が取れるようになり、
時間的にも無理のないコンパクト経営を行なっている。